【S12使用構築】エターナルリザランドグロス【最終2107 44位】

 TNくらのすけでポケモンをやっている者です。S12お疲れさまでした。今期は前期の並びをそのままにして技構成や配分を少し変えたものを使用しました。記録として簡易的なものではありますが見てもらえると嬉しいです。

 

         f:id:kurapoke:20181106145237p:plain

 

 

 

↓前期使用したpt

 

[ptコンセプト]
受けに来る相手に状態異常技を入れ崩していく

どくびしや鬼火で身代わりポリゴン2の対応範囲を広げる

 

 

 

[使用個体]

 

f:id:kurapoke:20180827205257g:plain

リザードン@メガストーンX

性格:陽気

特性:猛火→かたい爪

技構成:ニトロチャージ、逆鱗、剣の舞、雷パンチ

実数値:175(172)-160(76)-132(4)-x-105-167(252)

剣舞リザードンが最近の受け構築を崩せることはほとんど無く、精々一体もっていける程度である。(ミミッキュ、ヌオー入り等)そのため「崩し」としての役割ではなくゲッコウガが誘う対電気(ヒトム、コケコ、ボルト等)の駒として使用した。

カプレヒレへの打点として雷パンチを採用。

ミストフィールドによってptコンセプトである状態異常撒きが破綻してしまうこと

・対水に逆鱗で固定せず攻撃ができること

・レヒレヒトムグロスのような並びを使用しているプレイヤーがやや多くいたこと

これらとフレアドライブを外す弊害を天秤にかけた結果このような技構成に落ち着いた。リザードンの雷パンチの採用率は極めて低く、相手にあまり想定されなかった。

努力値の調整は検討中。

 

 

 

 

f:id:kurapoke:20180710093605g:plain

ランドロス@バンジの実

性格:わんぱく

特性:威嚇

技構成:地震、撃ち落とす、ビルドアップ、身代わり

実数値:196(252)-168(20)-139(124)-x-110(76)-114(20)

メタグロスミミッキュが誘う鋼に打ち勝てるビルドランドを今期も使用した。リザXと相性が良く、リザの死に出しに威嚇を入れて身代わりを残したり、ランドを処理してくるめざ氷持ちの電気をリザードンで起点にする動きをした。

純正の受けループを崩す役割も担っている。

ゲッコウガメタグロスの毒と身代わりのシナジーもあってポリゴン2、ヌオー入りにも選出できた。

A...一段階上昇でH振りメガハッサム確2

B...余り

D...テッカグヤの放射を身代わりが耐える

S...準速テッカグヤ抜き

 

 

 

f:id:kurapoke:20180710084944g:plain

ゲッコウガ@きあいのタスキ

性格:臆病

特性:激流

技構成:ねっとう、どくびし、どくどく、水手裏剣

実数値:147-x-88(4)-155(252)-91-191(252)

リザードンが誘うステロ撒きの牽制。どくどくの枠を挑発で使っていたが初手にポリ2やカビゴンを投げられることが多々あったため変更した。

 

 

f:id:kurapoke:20180710145130g:plain

メタグロス@メガストーン

性格:陽気

特性:クリアボディ→かたい爪

技構成:思念の頭突き、どくどく、身代わり、地震

実数値:187(252)-166(4)-170-x-130-178(252)

リザードンでは崩せない

モロバレルヒードラン+ヤドラン

ポリゴン2+ドヒドイデ+(ギルガルドorミミッキュorグロス)

のような並びを崩す。

受けまわしを使うプレイヤー側からすると目につくのはどうしてもリザードンであり、リザXに強い選出をする(多分)。

エアームドで受けにくる場合は前述のランドで処理する。 

 

 

 

f:id:kurapoke:20180710090409g:plain

ポリゴン2しんかのきせき

性格:ひかえめ

特性:ダウンロード

技構成:冷凍ビーム、放電、身代わり、自己再生

実数値:191(244)-x-114(28)-143(36)-118(20)-103(180)

ptの主軸。ゲコかグロスを選出する場合は毒を入れた後の引き先として必ず選出する。

 

 

 

f:id:kurapoke:20180710151339g:plain

ミミッキュ@ミミZ

性格:陽気

特性:化けの皮

技構成:鬼火、電磁波、じゃれつく、のろい

実数値:131(4)-142(252)-100-x-125-162(252)

状態異常撒き要員。初手に置いて雑にZを打つ→受けに来る相手に鬼火or電磁波といった試合展開にもっていく。

 

[きつい相手]

フルアタゲンガー

フェローチェ

ビビヨン

キノガッサ

ゲッコウガ+氷技持ちの格闘タイプ

ねむる持ちのポケモン

 

[結果] TN くらのすけ 最高最終2107 最終順位44位

   f:id:kurapoke:20181106145741p:plain

 

[後語り]

S11に続きS12でも2100を達成して満足してます。

https://3ds.pokemon-gl.com/rentalteam/usum/BT-4EE0-9BCF

 もう使うことはないと思うのでQRにして公開します。是非遊んでみてください。

来期ですがスマブラキングダムハーツ3といった別ゲ―に手を出すと思うのでレートからは少し離れるかもしれません。じっくり構築を練ろうと思います。

twitter.com

 

 

 

 

 

 

 

 

【S11使用構築】必殺リザグロス縛【最終2101 56位】

くらのすけというTNでポケモンをやっている者です。S11お疲れさまでした。今期使っていた並びを書き留めたいと思います。

 

      f:id:kurapoke:20180904135403p:plain

 

[構築経緯]

性能が高いミミッキュゲッコウガはptに入れない理由がないためこの二体を入れるところから始まった。

前期の構築記事から鬼火ミミッキュに着想を得て、鬼火+身代わりポリゴン2、ビルドアップランドロスで詰めにいくプランをとった。

ここ数シーズンで身代わりポリゴン2が増えており、対策が施されて前期は動かしづらさを感じた。身代わりポリゴン2のデメリットとして技スペースを圧迫し、高耐久ポケモンに毒を刺せないことに加え瞑想やちょうのまいを積んでくる特殊アタッカーの起点になることが挙げられる。回答として襷激流ゲッコウガにどくびしを採用した。ゲッコウガのねっとうとどくびし、ミミッキュの鬼火など裏のポケモンで状態異常を撒き身代わりと組み合わせて詰ましにいく。

崩し枠としてメガリザードンXを採用し、裏のメガ枠としてメガメタグロスを採用して6体が決まった。

 

[参考]

maskpoke.hatenablog.com
spa.hatenadiary.jp

 

[単体紹介]

f:id:kurapoke:20180827205257g:plain

リザードン@リザードナイトX

性格:陽気

特性:猛火→かたい爪

技構成:ニトロチャージ、剣の舞、フレアドライブ、逆鱗

実数値:153-182(252)-132(4)-x-105-167(252)

崩し性能、対面性能共に申し分ないメガ枠。中途半端な受けサイクルをいくつも屠ってくれた。ゲッコウガミミッキュで荒らした後このポケモンを通す動きが多かった。

 

 

f:id:kurapoke:20180710093605g:plain

ランドロス@バンジの実
性格:腕白
特性:威嚇
技構成:地震、撃ち落とす、ビルドアップ、身代わり
実数値:196(252)-168(20)-150(212)-x-101(4)-114(20)

前期の個体をそのまま使用した。メタグロステッカグヤナットレイで対応してくる相手に選出する。

体感だが、めざめるパワー氷持ちのテッカグヤランドロスが増えつつあり対策されていた。

 

 

f:id:kurapoke:20180710084944g:plain

ゲッコウガ@気合の襷

性格:臆病

特性:激流

技構成:熱湯、水手裏剣、毒菱、挑発

実数値:147-x-88(4)-155(252)-91-191(252)

毒菱を撒くことでポリゴン2の弊害になる瞑想持ちのカプコケコ、カプレヒレスイクンウルガモス等に毒を入れる。毒々菱までしなくとも(そもそもそんな余裕がない)ダメージレースに勝ちやすくなる。またpt単位で重いポリゴン2などの回復もち耐久ポケモン毒を入れることでこちらのポリゴン2と再生のpp勝負になっても不毛な戦いにならない。レート環境にいる毒タイプがゲンガーとドヒドイデくらいなため毒菱が通ることは少なくなかった。加えてオニゴーリの対策としても機能した。

毒菱を踏ませたい相手と初手に対面することもあるためちょうはつをどくどくに変更したほうが良い。

電気無効がランドロスなことも相まってコケコ対面めざ氷を押されることが多発した。

 

 

f:id:kurapoke:20180827214039g:plain

メタグロス@メガストーン

性格:陽気

特性:クリアボディ→かたい爪

技構成:思念の頭突き、身代わり、どくどく、地震

実数値:187(252)-166(4)-170-x-130-178(252)

ミミッキュ入りの受けサイクルをリザードンで崩すことは難しく、ポリゴン2も絡められるとランドロスも崩しとして機能しない。メタグロスとしての対面性能を最低限残しつつこのようなサイクルを崩すための技構成となった。

ドヒドイデポリゴン2グライオンの並びや、メタグロスクレセリアポリゴン2、サンダー等で受けにくるptに主に選出した。

思念の頭突きにするメリットとしてpt単位で重いロトムへの打点となったり、ゲンガーやバシャーモミミロップを一発で倒せるなどがある。技外しには目を瞑った。

身代わりが活きる場面が多かった。バシャーモギルガルドは勿論、対クチートに有用であった。クチート使いのほとんどがアイへひるみを嫌って初手ふいうちを選択してくるため択次第では何もさせることなく突破していった。

本来有利であるカプテテフやミミッキュを一撃で倒す手段がないためポリゴン2や毒菱で削ってうまいことグロスの圏内に入れるよう意識した。

ミラー意識で最速。耐久にこれだけ割くことでフェローチェの不一致ZやCSゲンガーのシャドーボールを耐える。細かい調整は検討中。

 

f:id:kurapoke:20180710151339g:plain

ミミッキュ@ミミッキュZ

性格:陽気

特性:化けの皮

技構成:鬼火、電磁波、じゃれつく、のろい

実数値:131(4)-142(252)-100-x-125-162(252)

前回の記事でも触れたが全人類ミミッキュを受けられる駒がptに存在しており、ASミミッキュを通すよりも[削り]+[状態異常]によって裏のポケモンのサポートをするほうが試合を優位に進められると感じた。

二種類の状態異常技の打ち分けとのろいがあるため起点にされることはほぼ無く、[ポリゴン2の代わりに状態異常を撒く要員]としてこれ以上ないポケモンであった。

性格陽気だがミミZとのろいでがっつり削れるため火力不足を感じることは無かった。

 

 

f:id:kurapoke:20180710090409g:plain

ポリゴン2@しんかのきせき

性格: 図太い

特性:ダウンロード

技構成:冷凍ビーム、放電、身代わり、自己再生

実数値:191(244)-x-124(28)-126(4)-122(52)-103(180)

前期に引き続き身代わりポリゴン2を使用した。ギルガルドの上をとれるようにHSに努力値を割いた。火力が乏しいため特性はDL。

カバマンダガルドに積極的に選出した。ポリゴン2に対応してくるポケモン(瞑想コケコorカミツルギorギルガルドor激流ゲコ...etc)を選出画面で見極めていく。 

B...ステロ+意地マンダの1舞捨て身耐え

D...身代わりがゲッコウガのねっとうを耐える

S...そこそこSに振ってるギルガルドを抜く

C...余り

 

[結果]

TN くらのすけ 最高最終2012 最終181位

TN Mary Harker 最高最終2101  最終56位

   f:id:kurapoke:20180904040142j:plain

 

[後語り]

最高レートを大幅に更新し、自身初の2100を達成することができてすごく嬉しいです。

USM終了までにもう一度2100に載ることを目標にしていきたいと思います。

先々月からTwitterにてポケ垢を作りました。モチベーションも上がり、より楽しくポケモンしています。2000達成、2100達成ツイートにおめでとうリプやいいねをしてくださった皆さんありがとうございました。

ここまで読んでくださってありがとうございます。

 


twitter.com

 

 

【S10使用構築】 身代わり大好き侍【2rom2000】

 

くらのすけというTNでポケモンをやっている者です。S9,10通して使ってきた並びを書き留めたく記事にしようと思った次第です。

     

     f:id:kurapoke:20180710074501p:plain

 

【構築経緯】

とにかく暴れまわっているf:id:kurapoke:20180710074430p:plainを採用するところから始まり格闘Z以外のゲッコウガを比較的安定して受けれるDに少し割いた身代わりf:id:kurapoke:20180710074436p:plainを採用。両者と相性の良いf:id:kurapoke:20180710080704p:plainをメガ枠に。

物理受け兼地面の一貫を切るためのf:id:kurapoke:20180710074450p:plain

サイクルを回すには厳しい前のめりのptと殴り合えるf:id:kurapoke:20180710074442p:plainを裏のメガ枠とし、最後f:id:kurapoke:20180710074455p:plainを添える形となった。

炎タイプがいないためレートに多くいるf:id:kurapoke:20180710081938p:plainf:id:kurapoke:20180710081946p:plainf:id:kurapoke:20180710081950p:plainf:id:kurapoke:20180710140514p:plainなどの鋼タイプを誘う結果になりこれらのポケモンを崩す手段を組み込むよう意識した。

 

 

【単体紹介】

 

f:id:kurapoke:20180710084944g:plain

ゲッコウガ@水Z

性格:臆病

特性:激流

技構成:熱湯、身代わり、ハイドロカノン、どくどく

実数値:147-x-88(4)-155(252)-91-191(252)

激流ゲッコウガをptの主軸にした。

激流カノンZを通し、水が通らない相手には毒殺するか後述のゲンガーでキャッチするというptコンセプトなため水手裏剣ではなくどくどくを採用した。これによってギャラドスボーマンダ入りにも臆することなく選出できた。激流ゲッコウガを受けにくる身代わりポリ2などにも刺さった。

熱湯とどくどくが一見相性悪そうだが選出画面で毒を入れたいポケモン、熱湯で焼きたいポケモンの見当をつけるためそれほど困ることは無かった。

 

f:id:kurapoke:20180710090409g:plain

ポリゴン2しんかのきせき

性格:図太い

特性:アナライズ

技構成:冷凍ビーム、放電、自己再生、身代わり

実数値:191(244)-x-143(156)-126(4)-122(52)-87(52)

主にゲッコウガに対して投げる。激流ゲッコウガにも対抗できる身代わりポリ2とした。低速で状態異常を撒いてくる相手に隙を与えずかき回していく。対マンダ、ギャラ、雨(ラグ)などに役割を持ちたかったため従来のひかえめHCSベースの型ではなくHBベースとした。

レート終盤どくどく持ちのゲッコウガや挑発持ちの激流ゲッコウガなどに削られ役割を果たせないことが少なくなかった。またレートが上がるにつれ速い毒ガルドの餌にされることもあった。

以下の記事を参考にさせていただきました。耐久ラインなど見ていただければと思います。

HBベース身代わりポリ2 - 晴れ時々運勝ち

 

 

 

f:id:kurapoke:20180710093605g:plain

ランドロス@バンジの実

性格:腕白

特性:威嚇

技構成:地震、撃ち落とす、ビルドアップ、身代わり

実数値:196(252)-168(20)-150(212)-x-101(4)-114(20)

バシャーモミミッキュに対してクッションの役割を果たしつつ、f:id:kurapoke:20180710081950p:plainf:id:kurapoke:20180710140514p:plainf:id:kurapoke:20180710081938p:plainに打ち勝てる型とした。相手にあまり想定されずeasy winを量産した。一見不利対面なのが逆に起点に且つ身代わりを残して突破していくので非常に強かった。

H-Bベース

A...一段階上昇じしんでH振りメガハッサム確定2発

S...準速テッカグヤ抜き

型に関して以下の記事を参考にさせていただきました。

【S9最終2172】鋼ガチアンチスタン【9位】 - 燃え尽き症候群

 

 f:id:kurapoke:20180710080611g:plain

ゲンガー@メガストーン

性格:臆病

特性:のろわれボディ→かげふみ

技構成:シャドーボール、ヘドロ爆弾、鬼火、滅びの歌

実数値(メガ後):165(236)-x-103(12)-191(4)-115-200(252)

少々変わった技構成のゲンガー。ゲッコウガを止めに来る草、水タイプのポケモンや特殊耐久に厚いポケモンをキャッチして削る(倒す)のが役割。

鬼火を採用している意図としてはf:id:kurapoke:20180710081946p:plainf:id:kurapoke:20180710081938p:plainf:id:kurapoke:20180710081950p:plainの食べ残しの回復量を打ち消すこと、f:id:kurapoke:20180710140514p:plainf:id:kurapoke:20180710074455p:plainf:id:kurapoke:20180710142306p:plainなど火力↑する物理アタッカーを裏のf:id:kurapoke:20180710074450p:plainf:id:kurapoke:20180710074436p:plainで処理がしやすいこと、上述のf:id:kurapoke:20180710074450p:plainf:id:kurapoke:20180710074436p:plainf:id:kurapoke:20180710074430p:plainの身代わりを残せることである。ゲッコウガにねっとうを採用しているのもこのため。

f:id:kurapoke:20180710081946p:plainに対してf:id:kurapoke:20180710074436p:plainの放電では食べ残しの回復量に追いつけずppが切れたり、剣舞物理型に押し負けてしまう。しかし鬼火+身代わりでどの型のギルガルドにもf:id:kurapoke:20180710074436p:plainで勝つことができる(速い毒ガルド以外)ためポリ2をf:id:kurapoke:20180710081946p:plainで見ているptや裏のポケモンがポリ2を突破できない選出とわかったら鬼火を入れにいく。
他には受けルf:id:kurapoke:20180710143038p:plainのおいうちを捌く、初手でメガシンカするなど。

たたりめではなくシャドーボールなのはゲンガーミラーやミミッキュ意識。

ノーマルタイプに打点が欲しいのとf:id:kurapoke:20180710143742p:plainにはゲッコウガの毒が入らないため反吐爆を採用している。

高耐久のポケモンを滅びで処理する。滅び+身代わりの相性も良かった。

 

 

 

f:id:kurapoke:20180710145130g:plain

メタグロス@メガストーン

性格:意地っ張り

特性:クリアボディ→かたいつめ

技構成:アイアンヘッドバレットパンチいわなだれアームハンマー

実数値(メガ後):165(76)-213(228)-170-x-130-156(204)

鋼枠。雑に投げて殴っていく。ptに先制技が欲しかったのでバレットpを採用し、火力を上げたかったので意地っ張りとした。いわなだれウルガモスピンポイント。最速リザードンが多かったためリザに対しては上から通ればラッキー程度。最速にしようがしまいがリザードンが重いので割り切った。

アームハンマー+バレットで身代わりを張った状態のオニゴーリに対してそれなりに強くでれるのが魅力

このポケモンがptにいることで相手の鋼を呼ぶ鋼として機能した。

 

f:id:kurapoke:20180710151339g:plain

ミミッキュ@フィラの実

性格:臆病

特性:化けの皮

技構成:電磁波、呪い、いたみわけ、身代わり

実数値:131(4)-x-132(252)-x-125-162(252)

ジャラランガフェローチェの牽制。2Z選出を避けたかったのと全人類ミミッキュを受けられるポケモンがptにいると感じBSのろいミミッキュとした。電磁波の通りが良いor蜻蛉やボルチェン持ちが少ないptにはかなりの爪痕を残した。くどいが呪いと裏のポケモンの身代わりの相性も良き。相手が受けにきても突っ張ってきても最低限仕事ができるので腐ることはなかった。

ラスト一枠が決まらず曖昧な採用になってしまったが妥当だったと思われる。

 

【選出パターン】

f:id:kurapoke:20180710080704p:plain+f:id:kurapoke:20180710074450p:plainorf:id:kurapoke:20180710074430p:plainorf:id:kurapoke:20180710074436p:plain

f:id:kurapoke:20180710074455p:plain+f:id:kurapoke:20180710074442p:plain+f:id:kurapoke:20180710074450p:plainorf:id:kurapoke:20180710074430p:plain

f:id:kurapoke:20180710074442p:plain+f:id:kurapoke:20180710074430p:plain+f:id:kurapoke:20180710074450p:plainorf:id:kurapoke:20180710074436p:plain

ゲンガーの鬼火で展開して相手の火力を削ぎ、身代わりと組み合わせて詰ましにいく。ミミッキュの電磁波で展開して相手のSを下げ上から高火力や身代わりを押し付けていく。

 

【きついポケモン&構築】

リザードン:選出段階でXかYをある程度決め打ちしないときつい

ヒートロトム:スカーフか炎Zか持ち物が判明するまで後手に回らざるを得ず荒らされてしまう

特殊バシャーモ:マッチングしないことを祈る

ウルガモス入りの構築:ポリ2で相手しないときつい取り巻きがいるためとにかく苦しかった。

瞑想コケコ:鬼火と電磁波が意味を為さない。選出画面で型を読み切れないので身代わりを残されると負けに直結する。

他沢山

 

 

【結果】

メインrom TN:くらのすけ 最高2014 最終1995

サブrom TN:Mayr Harker 最高最終2012 

f:id:kurapoke:20180710155552j:plain

f:id:kurapoke:20180710155612j:plain

 

【後語り】

USMから本格的にレートに取り組み、始めて構築というのを意識した2シーズンでした。来期は別の構築を考えて最終レートを気にせず最高を更新できるよう頑張りたいです。

ここまで読んでくださってありがとうございます。

 

twitter.com